中高年のトレーニングの目的

創業40年、世界50ヵ国で愛される信頼のブランド、元祖イタリア・ギムニク [バランスボール専門店]

お問い合わせはこちらの番号から

バランスボール TOP > 中高年のバランスボール > 中高年のトレーニングの目的

中高年のトレーニングの目的

中高年のトレーニングの目的

40歳を超えてもオリンピックを目指すぞ、って方や、70歳でエベレスト登頂、という方はともかく、中高年齢者が運動によって目指すものは何でしょうか。 もちろん、筋力アップであったり、すばやい身のこなしというのも立派な目標です。

しかし、日常生活において、プロレスラーやインストラクターのような筋肉はむしろ邪魔。ボディビルダーのような作られた筋肉は消費カロリーも多く、 付きすぎた筋肉のために柔軟性が失われる場合があります。

中高年のトレーニングの目的01

では、何が理想でしょうか。

ひとつのお手本はイチローのような身体。決して大柄でも、 筋肉モリモリでもない彼が、大リーグで活躍できるのはなぜ でしょうか。

それは、類まれな運動神経と視覚能力もさることながら、 何にもましてバランスの取れたしなやかな体が彼の武器 なのです。 全身をムチのように使う、彼の「振り子打法」はその象徴です。

運動神経はまねできないとしても、中高年が目指す理想の身体とは、

「バランスの取れた身体」

中高年のトレーニングの目的02

たとえば、ひざが痛いだけでも、身体全体の バランスが崩れます。

右のひざが痛いとしましょう。その痛みをかば うために、左ひざに負担がかかり、体の左右の 均衡が狂います。その影響は腰に及び、不自然 な姿勢は猫背の原因ともなります。

また、ついつい歩くのが億劫になり、運動不足や代謝力の低下につながり、生活習慣病を招く場合すら起こりえます。

若いころなら、ひざ痛など考えられなかったの が、中高年のひざの痛みは、それだけでなく、いろんな症状を引き起こす遠因になってしまうのです。

目指すべきは「鍛える」のではなく「整える」、 「激しく」ではなく「楽しく継続する」のが理想です。

そのためのツールとして、安全で場所を選ばず、その人の体力に合わせて運動量を調節できるバランスボールは最適といえるでしょう。


中高年のためのバランスボール運動の特徴

中高年のトレーニングの目的03

ボール・エクササイズは、「ボールは丸くて、転がる」 という特性を利用したものです。

「不安定さ」が筋肉に緊張を強いり、バランスをとろう として無意識に多数の筋肉を連動して動かします。

「転がる」ことで、スムーズな姿勢の移動をサポートし、 無理なく体を回したり、動かしたりできます。

「弾力」が急激な負荷が体にかかることを和らげ、かつ、弾(はず)む楽しさを知ることで、運動を継続する動機となります。

運動の前に

ひとつの運動の回数の目安は5回です。 また、ストレッチなど静止する運動は10-20秒をひとつの目安にしてください。

ただ、中高年の運動にとって大事なのは「回数をこなす」ことではなく、「気持ちよく、無理をしない範囲で、続ける」ということなのです。

「気持ちはあるけど、体がついてこん」これが、われわれ中高年齢者の体の実情なのです。

ボールは危険です

競技としてのバランスボールの大会などでは、ボールの上にひざ立ちしたり、回転したりします。運動量も多く、バランス力を試される場面です。

しかし、こんなバカなことを、まねしてはいけません。 万一、転がって勢いが付いたボールから落ちると、大ケガをします。 受身も知らなくて、よろけた体を支えようと手をついたりすると、骨折することがあります。

中高年のわれわれは「スロー&ステディ(ゆっくりと確実に)」で行きましょう。

呼吸について

どんな運動であれ、気張ることは禁物。 呼吸が止まり、エネルギーの元である酸素の供給がなされないからです。

また、「ム、ム、ム、ム!」と青筋立てて気張ると、能力以上の瞬間的な力は出ますが、脳溢血などの危険と隣り合わせ。

中高年のトレーニングの目的04

バランスボール運動においても基本は同じ。
「鼻から吸い、ゆっくりと細く長く吐き出す」

息は吸うよりも、吐き出すほうが大事なのです。

呼吸を正しく行うことは、それだけでも運動になり、
無駄なカロリーを効率よく消化してくれるのです。

バランスボールはダイエットに効果があるか?

バランスボール運動の目的はさまざまです。特に女性は「ダイエットに効く」の一言に弱いでしょう。 サプリメントを摂取したり、岩盤浴を試したり、筋トレにチャレンジしたりと、その努力は敬服に値します。

が、部分部分を鍛えたり、汗として水分を排出しても、体重は一時的にしか減りません。回り道のようですが、身体の代謝能力を上げ、 脂肪をエネルギーとして消化するインナーマッスルを鍛えることが、リバウンドしないダイエットの秘訣なのです。

そんな身体のコンディションは、そう、若かったころのものとあきらめないでください。 バランスボール運動は、すぐに効果が出るものではなく、継続することによって、身体の状態をよりよい状態に戻し、バランスの取れた整体を目指すものです。

自然に深い呼吸をし、背筋を伸ばした状態で身体をキープでき、足腰が安定することによって、もし不要な脂肪や筋肉があるとすれば、身体はひとりでにその部分をそぎ落とそうとします。

なぜなら、自然体に近づいた身体は、母乳を飲む赤ちゃんがそうであるように、必要以上の栄養分を摂取することなく、余分なものを認識するという、本来持っていた能力を発揮しだすからなのです。

→ 「基本の姿勢と、全身を温めるトレーニングへ

ページの先頭へ戻る

安心してお買い物ください

バランスボールについて

美しい体をつくるには?

トレーニングの例!

ボールトレーニング.com 7つの約束

よくある質問とその答え

FAXでのご注文はこちらから

インストラクター、学校関係、小売店さま等で、まとめ買いや定期的な購入をご希望の場合、ご遠慮無く相談ください。

合同会社夢ネット
〒540-0039
大阪市中央区東高麗橋1-32
TEL : 0120-436-136
FAX : 06-6942-2727
お問い合せフォーム

営業日カレンダー