子供の成長とバランスボール

創業40年、世界50ヵ国で愛される信頼のブランド、元祖イタリア・ギムニク [バランスボール専門店]

お問い合わせはこちらの番号から

バランスボール TOP > 子供達のためのバランスボール TOP > 子供の成長とバランスボール

子供の成長とバランスボール

子供の成長とバランスボール

子供の体力、運動能力の低下

『最良の運動は身体にとってだけでなく、魂をも満足させる』
(医学の祖、高名なギリシャの医者ガレノス=2世紀=の言葉です)

子供の成長とバランスボール

人間の身体は、座るためではなく狩猟をしたり収穫をしたりという、原始よりの活動的な生活様式のためにデザインされています。 例えば、足裏の土踏まずなどもそのためにあるのです。

しかし、現代生活の中で、人々はだんだん自分で動かなくなってきています。

その結果、筋肉の強度や柔軟性が失われ、背中がこわばったり、姿勢が悪くなり、腰痛や肩こり、 頭痛に悩まされる人々が増え続けているのが現状です。

もっと問題なのは、子供達ですら動かない生活を強いられたり、習慣にしてしまっていることです。

成長期にある子供の柔らかい筋肉や骨が、固定され、動かさないために充分な血流がいきわたらず、その結果筋肉の成長が阻害されたり、 柔軟性が失われるだけでなく、運動不足から身体能力が低下し、ケガや事故を招きやすい 、という点も大きな問題になっています。

悪い姿勢が及ぼす影響

『健全な身体には、健全な精神が宿る』『文武両道』など、身体と知能・精神の両立が望ましいことが言うまでもありません。 しかし、子供達を取り巻く環境は悪化、危険化し、表で遊ばせることすらはばかられる悲しい時代でもあります。

また単に環境だけでなく、全てが昔より複雑、不可解になりつつある現代。 「少子化」とはいうものの、競争はむしろ激化し、子供の自由な時間は減っています。

子供が机に向かっているうしろ姿を、チェックしてください。

背中が前かがみになり、頭は肩の位置より前に出ていませんか。

子供の成長とバランスボール01

ボーリングのボール並の重い頭と上半身を、背骨と腰、背中の筋肉が長時間にわたって、不自然な姿勢で支え続ければどうなるのでしょうか。

ここに一つのデータがあります。
(スイス・スポーツ教師連盟・1991年)

「背骨の椎間板に栄養を運ぶ血液循環は、10歳以降は身体活動の活発さに大きく左右される」

つまり10歳以後の運動不足は、椎間板ヘルニアなど大人になってからの、重い病気の遠因になっている場合があるということです。

→ 「バランスボールが作る姿勢」へ

ページの先頭へ戻る

安心してお買い物ください

バランスボールについて

美しい体をつくるには?

トレーニングの例!

ボールトレーニング.com 7つの約束

よくある質問とその答え

FAXでのご注文はこちらから

インストラクター、学校関係、小売店さま等で、まとめ買いや定期的な購入をご希望の場合、ご遠慮無く相談ください。

合同会社夢ネット
〒540-0039
大阪市中央区東高麗橋1-32
TEL : 0120-436-136
FAX : 06-6942-2727
お問い合せフォーム

営業日カレンダー